Person, Table, Furniture, Sitting, LCD Screen, Monitor, Screen, Indoors, Pc, Desk

Citrix Content Collaborationで柔軟なワークスタイルをサポート

皆さんこんにちは。Citrixセールスエンジニアリング本部の片海 健太郎です。今回はCitrix Content Collaborationで実現する働き方について6つの観点でご紹介させていただきます。

デジタル化の進む従業員がテクノロジーに求めることは増えています。テクノロジーとの良好な相互作用とシームレスなデジタルコラボレーションエクスペリエンスは、従業員の生産性に直結します。エコノミスト誌の調査部門であるエコノミストインテリジェンスユニットの「The Experience of Work」調査によると、ポジティブな従業員エクスペリエンスを形作る最も重要な要素は、情報へのアクセスのしやすさと、どこからでも情報にアクセスできることでした。

セキュアなデジタルコラボレーションとは、単にドキュメントを編集して保存することではありません。日常業務を推進する人とプロセスとテクノロジーの調整を担う、数多くの組織のワークフローの中核をなすものです。Citrix Content Collaborationは、従業員が効率的に作業を行って付加価値を生み出すために必要な重要ビジネス情報への即時アクセスの提供を支援します。

イノベーションを停滞させない

Citrix Content Collaborationは、ファイル/同期/共有ツールであるCitrix ShareFileから、現在の企業が必要とするすべてのドキュメント中心のタスクとワークフローをサポートするプラットフォームへと進化したものです。Citrix WorkspaceにおけるCitrix Content Collaborationのシンプルでセキュアかつシームレスなアクセスは、セキュリティ、管理性、コンプライアンスに関する組織の要件を満たしながら、いつでも、どこでも、どのデバイスからでも、アプリケーションやファイルへのアクセスを可能にします。次の画像に示すように、従業員は、Citrix Workspace内で提供されるアプリケーションやインテリジェントアクションを使って、情報にアクセスしたり、ワークフローに従事したりします。

リモートワーカーに単一のアクセスポイントを提供する

Citrix Content Collaborationは、データの制御を回復し、モバイルのWork From Anywhereソリューションで規制要件を確保するための、単一のアクセスポイントを提供します。マッキンゼーグローバルインスティテュートの調査によると、従業員は勤務時間の20%を内部情報の検索に費やしています。アクセスや検索が難しいコンテンツがあると、従業員は、社外・社内両方のリソースでコラボレーションを行う際に、煩雑さに直面します。断片化されたエクスペリエンスを解消し、従業員がスピードや品質を犠牲にすることなく、いつでもどこからでもどのデバイスでも、検索、アクセス、コラボレーションが行えるようにする必要があります。Citrix Workspaceの一部としてのContent Collaborationは、関連するすべてのコンテンツ、データ、およびアプリケーションを統一されたエクスペリエンスに集約することにより、従業員が迅速かつ効率的に作業を行える単一エクスペリエンスを提供します。

Citrix Content …

The post Citrix Content Collaborationで柔軟なワークスタイルをサポート first appeared on Citrix Blogs.

Read more >