Person, Table, Furniture, Sitting, LCD Screen, Monitor, Screen, Indoors, Pc, Desk

XenApp and XenDesktopまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsのアップグレード・移行における考慮事項

現在多くのお客様に仮想アプリケーション/仮想デスクトップをご利用いただいており、その環境はオンプレミス (XenApp and XenDesktopやCitrix Virtual Apps and Desktops(以下CVAD))、クラウドサービス(以下 Citrix DaaS)のどちらかで構成されているかと思います。

このうちCitrix Virtual Apps and Desktopsについては、LTSR(長期サービスリリース)の最新版となる2203 LTSRが今年3月にリリースされ、この製品は2027年3月までサポートされます。また、今月15日(2022/8/15)には弊社XenApp and XenDesktop 7.15LTSRがEOL(製品終了)と大きな節目を迎えています。

本ブログではこれらの節目にあたりCitrix Virtual Apps and Desktops製品のアップグレード・移行を実施する際に必要となる考慮事項を以下の流れでまとめています

1.目的の明確化

2.移行先の選択(オンプレかクラウドか)

3.オンプレミス環境でのアップグレード方式との考慮点(2つの方式の違い)

4.追加要件の検討(移行のタイミングで実現したいこと)


  1. 目的の明確化

まずは、アップグレード・移行の目的を明確にすることが重要です。ほとんどの場合、製品のライフサイクルに合わせてサポータブルな状態を維持することに主眼を置くケースが多いと思います。

  • 弊社製品だけでなく、利用されているハードウェアのサポート終了時期が明確になった
  • 仮想リソースとして提供しているアプリケーション/サービスやOSのサポート終了時期が近くなった

これに加えてアップグレード・移行のタイミングで同時に実現したいことを整理/要件化することは非常に大事なことですし、絶好の機会となります。

この段階でアップグレード、要件追加などをまとめた目的を明確にしておかないと、将来のIT投資計画がずれてしまう恐れがあります。そのため、計画を明確にし、予算枠の確保/承認を取り付ける、そして会社を動かす目的でお客様社内の関係者みなさまのコンセンサスをとるためにも、このプロセスは非常に重要です。

2.移行先の選択

Citrix製品を引き続きご利用いただく場合、一言「移行先」と言っても大きく2通りあります。

  • クラウド構成

コントロールプレーンとしてCitrix DaaSを使用します。下図は構成例としてCitrix CloudのGateway …

The post XenApp and XenDesktopまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsのアップグレード・移行における考慮事項 first appeared on Citrix Blogs.

Read more >